今朝もチビヘイに叩き起こされました。
近頃ずっと早寝早起き生活です。
ここ数年の昼夜逆転を思えば、本当に健康的になったもんです。
朝一の牛乳が目にしみるぜ。
(チビヘイにコップでホットミルクぶっかけられました)

そして去年ブログで書こうと思って写真撮ったまま忘れてた一枚があったので…

20081118102348

これ。
本屋で見つけて、あまりの懐かしさに買ってしまった一冊。
同世代の方はたぶんご存知かと思います。
当時6歳だった竹下龍之介くんの書いた物語。
夏休みの読書感想推薦本として本が紹介されてて。
同い年(少し違ったんだったかな?)の子が書いたと聞いて
「すごいなぁ」と思った記憶があります。
妹が金魚を飲んじゃうんですよね。
そしてその後の展開がすごい。
6歳の子の独特の視点で書かれた物語、面白いですよー。
なんというか、どこまでが本当のことで、どこからが創作かわからないんです。
それくらい絶妙な物語。

6歳の頃といえば…私たしか「ほ」がちゃんと書けなかったんです。

09_3_5

どうです、このムズムズする感じの「ほ」。
「は」と同じだと思ってたんですよ。
友達に「ねぇそれ、おかしいよぉ~~~」と言われて激しくショックをうけた記憶が…。
転校したばかりの状態でそう言われたので余計ショッキングでした。
今では普通に良い思い出ですが…
そんな「ほ」を書いてたもんだから、
余計に「竹下龍之介くんスゴイ!!」と思ったんでした。
懐かしー