つい今しがたの出来事です。

23時…
家族みな寝静まり、
さぁ仕事でもしようかとノートパソコンが置いてある部屋へ。
今夜は異様に冷え込む…
それもそのはず、今夜も気温は絶賛0度。
ちょっと気を抜くとマイナス1度。
あまりにも寒くて、心の中で
「寒いわぁ寒いわぁ」という無意味な独りごと(?)がポツリポツリと出てきます。
心のなかでそう言ってるうちに段々ノッてきて、
後半はオリラジの武勇伝々のリズムで
「寒いわぁ寒いわぁー、寒いワンワンワワンワワ、レッツゴー!」とノリノリでした。
そして「アッチャンかっこいー!」と軽くキメポーズを心の中でとったところで、突然耳元にブゥーーンと羽音。
その虫系の羽音に動揺して「ホワァァァ!!!!」と変な声を出してしまい、
スヤスヤ眠っていたチビヘイが目を覚ましました。
寝ぼけてフニフニ言ってるチビヘイを抱き上げつつ、警戒態勢のまま羽音の主を探します。
するとカーテンの中腹にて小休憩中のカメムシの姿を確認。
羽音の主がG(茶色いお方)じゃなくてよかったと軽く安堵しつつ、チビヘイの背中を小刻みにトストストストスし、心地よい夢の世界へ送り届けます。
そしてそっとチビヘイを布団におろし部屋を出ようとしたところで、
再度突然、小休憩していたカメムシがブンと飛び立つ音が。
私はまたしても「ホアァッ!」と奇声をあげてしまいました。
あまりのカメムシショックに全身の力が抜け、ひざカックンのような体勢のまま尻もちをついてしまいました。
そして尻のしたにはチビヘイのお気に入りの音が出るオモチャがあり、プピューという陽気でノン気な音があたりに虚しく響き渡りました。
そしてチビヘイは再び目を覚ましました。
まさに踏んだり蹴ったりプピューです。

そんな、あまりの踏んだり蹴ったりプピュー感に興奮してしまい、こうして勢いでブログ書いてます。
あぁ お尻痛い。

0128_2