カナヘイのブログ

ちとお久しぶりです。
引越しに仕事にとバタバタしているうちに
ブログいじりが疎かになっておりました。
そんなこんなで最近のチビヘイ話でも…(今出せるネタがそれくらいしかない)

最近、寝返りを覚え、
あっちにこっちに転がるようになったチビヘイさん。
布団のうえで、何かしらつぶやきながら右に左にモゾモゾする遊びが
大絶賛流行中(本人のなかで)。

08_7_14_1

いろんな体勢がとれるようになったからか、
いつの間にか接近してきて
セクシーポーズでこちらを凝視していたりもする。

08_7_14_2

またあるときは、

オナラ砲、発射準備OK!

の体勢で固まっている。

08_7_14_3

でもなかなか出ず、
「出したいのに出ません」
と真剣な顔で宙を見つめ
プルプルしはじめる。

08_7_14_4

なかなか楽しい日々です。

久々に育児話でも。

最近よく笑うようになったチビヘイさん。
エヘェェェという感じで、
赤ちゃんスマイル(クチの形が、赤ちゃん特有の笑形)を振りまいています。
それを見た人は、皆つられてエヘヘェ。

08_6_24_1

「これが赤ちゃんスマイルの魔力か」と感心する日々。
ただ、このスマイルにはたまに声がつくんですが
その声がイカン。
なんというか本当に…
ウゴウゴルーガのみかん星人降臨という感じの笑い声。

08_6_24_2

みかん星人、大量降臨。
チビさんの機嫌がいいと、これが長時間響き渡る。
みかん星人を知らない方には、なんと説明すればいいものか…
こう、「フヒヒヒ、サーセン」みたいなキモさがある。
この笑い声を聞いた人達からは
「わぁー…赤ちゃんらしさがない笑いだね…あ、いや、面白いけどねっ?」と
フォローされてしまう。
そんな笑い声です。

子供はまわりの音声をマネするといいますが…
私達はこんな笑い方してるんだろうか…

喃語という幼児言葉がぼちぼち出てきたチビヘイさん。
喃語とは、まだ喋れない赤ちゃんが出す言葉の元みたいなもので
「あー」とか「うー」とかいうやつです。
最初の頃はチビヘイも「あぅー」とかいう可愛らしい喃語だったんですが
先日東京行ってたくさん人に会ったことが刺激になったのか、
ここ数日すごい勢いで喃語出しまくっております。
しかも今までの「あぅー」とかいう喃語ではなく…

08_6_3_1

野太く、くぐもった声で
「ヴォーヴォー」というようになりました。
何度も何度も。
宙を見つめてひとりでヴォーヴォー。
何かしら喋ってるようで可愛くも思えるのですが、
数分も連続で聞いていると、ちとキモい。

08_6_3_2

寝起きによく一人遊びをしているようなのですが、
そのときの声も以前は「あぅあぅ」だったのに、
今では「ヴォー」になりました。
なので仕事中、隣の寝室から突然
「ヴォゥっ…ヴぉうっ…」という独り言が聞こえてきて怖い。
「起きたんですかー」と声をかけに行くと、
大声で「ヴォー!」と一鳴き。
それから

08_6_3_3

真夜中の突然の「ヴォー」。
寝言です。これもなかなか気になる。

そして最近一番気になるのがコチラ。

08_6_3_4

寝転がって乳タイムをしているとき、
私はかなりの確率で眠りこけてしまいます。
しかもこう、チビさんからチゥチゥチゥチゥという乳飲みの音が聞こえてきて、
それがさらに気持ちの良い深い眠りに誘います。

08_6_3_5

飲み終わったあとの一鳴き。
というか一吼え。
最近の目覚ましはこれです。

ちなみに笑いながら喋るときは
「ヴェー」になります。
ヤギなのか。

昨日はイトコの兄やんの結婚式でした。
二年前、この兄やんのねぇちゃんが結婚しました。
そのときと同じ式場だったのですが、
二年前行ったときに出会った衝撃の石像にまた会えて嬉しかったです。

08_4_27

相変わらず、クチからなんか出てますよ。
まぁそんな石像のことはどうでもいいんですが、
二年前と違って今回はカワウソ氏とチビヘイとの参加です。
席表に三人の名前が書いてあるのは、なんか妙な気分でした。
とりあえず最初から最後までチビさんは
ほとんど泣かなかずご機嫌だったので一安心(´・ω・`)

式は、ねぇちゃんのときと同じく、
ステンドグラスがキレイだったり
神父さんのカタコトが不思議だったり
兄ちゃん達のご友人方が嬉しそう楽しそうにニコニコしてたり…
式の後の披露宴でも楽しそうでした。
奥さんきれいでした。
人が大勢で、知らない親戚の人もいっぱいでした。
結婚式って…大変だ(・ω・;)

とにもかくにも
兄やん、奥さん、おめでっとうございます!

愛媛の、とべ動物園。
「日本ではじめて人工哺育に成功したホッキョクグマのピース君」といえば
ピンとくる方もぼちぼちいるのではないかと思います。
結構テレビにも出てたので。
その、とべ動物園。
市内からもわりと近所で、しょっちゅう行ける距離にあるんです。
んでなにかと「行こう行こう」言うてたんですが、
仕事やらチビさんのことやらで、なんか今ひとつ行けてなくって。
動物園大好きっ子のカワウソ氏は、何度も何度も
「行きたい…(´・ω・`)ひとりで行ってこようかな…でも男一人はさすがに浮くやんねぇ…」と、動物園の近くを通るたびにションボリしておりました。
まぁそんなこんなで(?)
先日、やっと、行って来ました。
いやぁ。
おもしろかったです。
民営化してからというもの、展示方法や園の方針が結構変わってて。
前はただ単に普通に見てまわるだけの動物園という感じだったんですが、
今では「近くで見て!詳しく知って!その手で触れて!ウィーラブ☆アニマール!!!」みたいなノリになってます。
ヒョウがエサに食らいついてるとこが目の前で見れたり、
オラウータンが頭上で綱渡りしたり。
とにかくイベント満載。
とても見ごたえがあります。
そんな見ごたえのある部分を記事にすればいいのに、
今日のブログの主役はこちらの方々。
アカカンガルーさん。
ボーン。

08_4_24_1

ちょっとちょっとあなた。
足が。
おっぴろげじゃないですか。
たいへんリラックスモードですね。
そして、その横でそんな姿をじっと見つめている方がいます。

08_4_24_2

あぁ。
見てます。
うっとりリラックスモードの方を、
なんともいえない目で見てます。

08_4_24_3

どういう関係だ君達は。
その手、その足、その瞳。
アカカンガルー、たまらん。
動物園おもしろいです。

以前、「コイのクチパクがトラウマ」という日記を書きましたが、
今回はそれに似た動物トラウマ話。
はとぽっぽーです。

こちらは、どこかの神社。

Hato_1

ぽっポーがそのへんでウロウロしています。
当時、純真な幼女でしたカナヘイが、
「ぽっぽっぽー(・ω・*)」などと言いながらハト達を見つめています。
すると親が「ハトさんにあげさいやー」とパンくずを私の手に持たせてくれました。
次の瞬間。

Hato_2

ぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽー!!!!!

すんごい怖かった。

 

どうでもいいですが、
最近トイレで【ハトのおよめさん】ばかり読んでいます。
ブッコちゃんかわいい。
ハトのよめさん怖いがかわいい。
ハトビーム。

Hanamegane

Hanamegane

前にサイトのほうでアプした、鼻眼鏡シリーズ。
フレームスタンプをアプしてたんですが、
それらを使って素敵な写真を撮ってくれた方がいました。
匿名希望とのことで、お名前は出せないのですが…
画像のブログ掲載許可をいただいたので、
さっそく書かせていただきました。
ではまずこちらの一品。

08_4_19_1

なんということでしょう。
この絶妙な鼻眼鏡感。
なんだか目をそらしちゃいけない気持ちになります。
なんですかその寝癖。
たまらん。
個人的に大ヒット大ツボの御姿でした。
素晴らしくベストオブ鼻眼鏡ですね。
ありがとうございます。
癒されました。

その後、さらに何枚か送っていただいたので、それも掲載させていただきます。

ラテン系
08_4_19_3 

柏餅
08_4_19_4

ぽてんしゃる byどせいさん
どれもこれも本当に絶妙に鼻眼鏡…
いい鼻眼鏡集会を見せていただきました。
本当にありがとうございました。
こんな鼻眼鏡達がいっぱい集まったら、
そのうちブログで鼻眼鏡大会を開催したいですね。
ぜひ皆さんのベストオブ鼻眼鏡を見せて下さい。
ご応募お待ちしております 笑

ちなみに
08_4_19_2_2

こちらはチョイ悪苺だそうです。
チョイ悪親父っぽい。たまらん。

ときめきすぎて、ついGIFアニメを作ってしまいました。
Kanahei_blog_08_4_19
苺様ビフォーアフター

二年ほど前に購入した、目玉の親父のリアル等身大ソフビ。

08_4_18_1

これがもーねー、水の部分がねー、透けてる素材でねー。
すんごいイイんですよコレ。
世に数あるフィギュアのなかでも、
ガラスとか水とか液体とかジェル系の表現が組み込まれているフィギュアに
なぜかどしてか激しくときめく私。
この目玉の親父のも、風呂の水の表現に惚れて即買いしました。
目玉の親父だけ取り外せるんですよコレまた。

08_4_18_2

さっきから、画像が二年前の日記で使った写真の使いまわしなんですけどね。
まぁそれはいいとして。
とにかくお気に入りのフィギュアなんです。

んで。
本日は、その目玉の親父がレベルアップした話。
いや、最近我が家では、「居心地のよい、オシャレッティな間接照明とかのある部屋を作りたい!」というカワウソ氏による【灯り計画&部屋改造】が発動されておるんです。
私はインテリアとか照明とかにいくらかの憧れはあるものの、
部屋改造を実行するような情熱がいまひとつ足りないのです。
フィギュアを隙間なくギッチリ並べたり、
実家の部屋を全面真っ白に塗ったりというような妙な情熱はあるのですが、
こう、オシャレッティーっぽい部屋はうまく作れない。
難しい。
なんせそういう部屋にしようと思うと、
家具とか照明とかのアイテムがだいぶ重要になってきます。
でもそういう家具や照明って、買うと高いんですよね。
だったら作るしかない。
でも私には電気な知識も、家具作りスキルもありません。
というわけで、ここ最近はカワウソ氏がウキウキしながら家具や照明作ってるのを、
「ほほー( ゚o゚)」とアホみたいな顔で眺めているわけです。
で、そんなある日。
カワウソ氏が
「フィギュアとかにもLED仕込んだりできるよ(`・ω・´)」
と言いました。
LED。発光ダイオード。低消費電力、長寿命、小型という素敵な灯り。
それなら発熱しないし、つけっぱなしでも電気代は一年で50円とらいなんだとか。
私はそのへんの電気事情はよくわからんのですが。
とにもかくにも、フィギュアに灯りを仕込めるだなんて、そんな素敵なこと。
してほしいに決まっています。
というわけで、ここ最近、いろんなフィギュアに灯りを組み込んでもらいました。
恐竜のクチから灯りが出てたりとか、モンスターの腹(透け素材)が光るとか。
それもまた別の日にブログにアプしたいと思いますが、
今日の主役は目玉の親父です。
すごいんです。
まずは見て下さい。
とにかく見て下さい。
コレ。↓(パケ放題とかじゃない携帯での観覧は激しくオススメできません。パソコンか、パケ放題の携帯で見て下さい)

「目玉の親父・動画」をダウンロード

うん。
風呂が光ります。七色に。
わぁー、ム~ディ~。
そういうコンセプトです。
これは。
いい。
想像以上にいい。
制作したカワウソ氏も大変ご満悦です。
部屋のすみに置いてあるんですが、延々光ってます、七色に。
夜中にふと目に入ったりすると、笑えます。
そういうのをわかってくれる人に見せてまわりたいくらい、
とってもアレでグッドな出来です。
こういうアホなものは大大大大好きです。

ちなみにこの七色に光るLEDは、200円くらいだそうです。
組み込んでるとこを後ろで見たりもしたんですが、
何やってるか全然理解できませんでした。
なので作り方は私には説明できませんが、映像で雰囲気だけでもお楽しみ下さい。

久々に育児話でも。

オムツ替えの際、
お尻がスースーするのがイヤなのか、
毎回大泣きするチビヘイさん。

H_1

お尻をペロンチョ丸出しにしてるんだから、
そりゃ寒いとは思います。
しかしどうしようもありません。
部屋をどんだけ暖かくしていても、
尻丸出しが許せないようなのです。それプラス寒さといった感じ。
ただ、やはり泣かせっぱなしというのは心苦しいものがあります。
私だって尻丸出しはイヤです、寒いですし恥ずかしいです。
なので、少しでも寒さのほうを忘れられるようにと、
何気なくドライヤーの温風を尻にあててみました。
らば。

H_2

ピタリ泣き止みました。
今までの大泣きはどこへやら。
泣いていた形跡も残さず、ホグーっとした顔でこちらを見ています。
あまりに瞬時に泣き止んだので、
驚いてドライヤーを止めたらば再び大泣き。

H_3

泣き止んだのは、やはりドライヤー効果なのか。
その後「新生児はドライヤーの音で泣き止む」という話をネット上にて発見。
"買い物袋のガサガサ音で泣き止む"というのは
我が家では通用しませんでした。
が。
ドライヤーは効果絶大。
でもこれ音で泣き止んでるというよりは、
どっちかというと温風が気持ちよくて泣き止んでる感じです。
尻がポカポカーっとして、ホグゥ…となってる感じです。
なんにせよ、ドライヤー様に感謝です。
でも無言でドライヤーあててると、
こう、なんともいえない気分になるのです。

H_4

図的にも微妙ですしね。

まぁ、まだドライヤー試したことないというママさんは
ぜひ試してみて下さい。
もしかしたら泣き止むかもです。
*ちなみにあてすぎは当然ダメぽんです(・ω・;)
大人でも、あてっぱなしにすると熱いのと同じなんで(・ω・;)
肌からだいぶ離して、数秒ガーって振り回す感じであててくださいね。

よく泣き、よく飲み、よく寝る、チビヘイ。
泣くときは盛大に泣くけれど、
寝るときはとことん寝る。

08_3_13

とことん寝てるときは寝息すら静か過ぎて、
たまに「大丈夫だろうか…」と心配になり覗き込む。

08_3_13_2

そしたら突然、
短い奇声をあげて復活する。

08_3_13_3

最初の頃は、このなんの前触れもない"ビョクン起き"に何度もビビらされた。
そういえば自分もよく夢から覚めたときに
このビョクン起きをしますが…
新生児の夢ってどんな夢なんでしょうね。

このページのトップヘ